シャノン|マーケティング支援市場シェア No.1

0120-955-008(お問い合わせ 平日10:00~18:00)

株式会社ワークスアプリケーションズ

年に一度、全社を挙げて取り組む大イベントで
顧客に応じた的確で迅速な対応と業務の効率化を達成

大手企業向けのERPパッケージソフトウェアメーカーである株式会社ワークスアプリケーションズは、世界で初めて人工知能を搭載したビジネスアプリケーション「HUE」の開発、販売、サポートを中心とし、大手企業向けのシェアは国内No.1を誇る。ワークスアプリケーションズでは年に一度、大規模なビジネスカンファレンス『COMPANY Forum』を開催。2016年度はのべ40,000名超を動員した。同フォーラムでは2014年から「シャノンマーケティングプラットフォーム」を導入し、事務局業務や来場者、顧客管理など、業務の大幅な効率化に成功している。

Point

  • 毎年一度、大規模なビジネスフォーラムを開催
  • 顧客の来場やセッションの参加状況などを一元管理
  • 会期後のサンクスメールや電話でのフォローなども、来場時の細かな顧客データを活用
導入企業
株式会社ワークスアプリケーションズ
関連利用シーン
  • 大規模イベント運営の効率化
導入部門
  • プロダクトソリューション事業本部
    ソリューションプランニンググループ
URL
http://www.worksap.co.jp/

大手企業向けのERPパッケージソフトウェア 国内シェアNo.1

「弊社は、大手企業向けの人事、会計、SCM、Eコマース、グループウェアなどの基幹業務システムを手掛けるソフトウェアメーカーです。2014年には、世界初の人工知能型ビジネスアプリケーション『HUE』を発表しました。」

大手企業向けのERPパッケージソフトウェアメーカーとして、同社の製品を導入する企業グループは製造、建築、流通、運輸、サービス、金融、公共公益事業など、あらゆる業界、業種に及ぶ。

「おかげさまで、現在までの導入企業様は約1,200企業グループを超えています」という話にもあるとおり、この数字は、大手企業の約3社に1社がワークスアプリケーションズのERPパッケージを導入していることを意味する。それを裏付けるように、同社は大手企業向けのシェアで販売社数、売上高ともに6年連続ナンバーワンを誇っている。

年に一度、ビジネスカンファレンス『COMPANY Forum』を開催

ワークスアプリケーションズでは毎年一回、日本企業の経営戦略立案や日頃の業務における課題解決を目的とした大規模なビジネスカンファレンス『COMPANY Forum』を開催している。

「『COMPANY Forum』は年に一度の弊社の一大イベントとなっています。すでに弊社の製品をお使いいただいているユーザー様はもちろん、弊社のことをご存じない方も対象に、幅広い集客を目的としたイベントです」

毎年、その年の時流やトレンドに合わせたテーマを掲げ、さまざまな著名人や有識者をゲストに迎えて多くのセッションを開催。2016年度は人工知能が企業にもたらす変革を中心テーマに、人工知能研究の世界的権威であるレイ・カーツワイル氏や、米アップルコンピュータの元CEOであるジョン・スカリー氏をはじめ、多彩なゲストが登場し、セッションを行った。

多彩なゲストを招き、幅広い層を集客

「人工知能という言葉は知っていても、それを社内で日々の業務にどう生かしていったらいいのかわからない、という企業の方も多いのです。2016年の『COMPANY Forum』では、その課題解決のために、多くのセッションを開催したのが特長ですね」。

そんな言葉に象徴されるのが、『COMPANY Forum』で何度も行われた、ワークスアプリケーションズの人工知能型ビジネスアプリケーション『HUE』を用いたデモンストレーションだ。『HUE』は、人事や会計、SCMといったいわゆる基幹業務システムの領域だけでなく、スプレッドシートやチャット、メールといったオフィスソフトを標準で搭載している。人工知能技術を活用することで、ユーザーのルーティンワークや単純作業、PC操作を極限まで削減し、大幅な業務生産性の向上を実現している。これまでのERPとは一線を画する『HUE』のユーザビリティに、参加者は人工知能が仕事にもたらしてくれる革新を実感していた。

『COMPANY Forum2016』の動員数は40,000名を超え、大盛況となった。

「年に一度の大イベントだけに、全社一丸となって盛り上げています。集客に関してはビジネスパーソンだけでなく、学生や主婦など幅広い層の方に来ていただきたいと考え、弊社製品のユーザーである企業様へのお誘いはもちろん、各メディアでの広告展開、ニュースサイトやSNSを駆使しての告知など、多くの手段を使って多角的に告知、周知を行いました。過去に参加された方へのメルマガ配信などでも、多くの反響をいただきました」

イベント前になると、社員のモチベーションを高めるため、社内向けのポスターなども掲示されるという。

「2016年度はさらに多くの集客のための新たな試みとして、吉本興業とタイアップしたライブを行いました」という『よしもとFesNight~AI時代の笑い方』と題されたライブには、千原ジュニアや中田敦彦、渡辺直美など、今をときめく人気芸人が集結。人工知能と笑いをうまく絡めながら、会場を盛り上げていた。これら多くの試みの結果が、40,000名を超える集客に結びついたのだ。

申し込みから来場者受付、事務局運営までを効率化することで、
人的リソースに余裕が

ワークスアプリケーションズでは『COMPANY Forum』の開催、運営に際し、2014年から「シャノンマーケティングプラットフォーム」を導入。事務局の運営や来場者、顧客管理などで業務効率の改善、省力化に役立っている。

2014年以前の『COMPANY Forum』は3,000~4,000名規模での開催だったため、申し込みから事務局運営、来場者受付などをすべて自社で行っていたという。

「従来は受付作業もエクセルでチェックをするなど、手作業が多かった。しかし、来場者数が増えるとケアレスミスも増えますよね。お客様をご案内する際に不手際があってはいけませんから、2014年に“10,000名を集客する”と決定したタイミングで、データベースの一元管理や受付システムを見直すことにし、シャノンにお願いする運びとなりました」

「当日は多くの顧客が来場するなかで、VIPや講演者などアテンドが必要な方はもちろん、各顧客に応じて対応のフローが変化します。データベース上できちんと顧客を管理し、受付の端末と連携して、来場時に間違いのない対応ができる。これは非常に有効でした」と、来場に関する事務局業務が効率的になったことで、人的なリソースを他に振り分けられるようになったのも大きいという。

「会期終了後、お客様にサンクスメールやお礼の電話を差し上げる際、“どなたがご参加されたか”“どんなセッションに参加されたか”など、細かいデータが必要になってきます。シャノンにはそのようなデータを迅速にご提供いただけたので、弊社としては遅滞なく顧客のフォローをすることができ、感謝しています。担当者の対応やレスポンスも早く、多くの無茶振りにも応えていただけました」

「イベント運営に関しては、さまざまな企業のイベントを手掛けておられるので事例にも詳しいなど、弊社よりシャノンの経験値が高い。ですから我々が“新しい取り組みを行いたい”と思った際にあれこれ相談できますし、“何かいい施策をご提案していただけるはず”という期待値をもたらしてくれるのは心強いですね。無理なお願いにも迅速かつ柔軟に対応していただくなど、ビジネスパートナーとして信頼できる企業であり、とても助かっています。今後も末永くお付き合いをお願いしたいですね」

  • マーケティング担当者必見! お役立ち資料ダウンロード
  • 事例・カタログをダウンロード! 資料請求
  • お問い合わせ